読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空飛ぶソイ・ソーセージの全て

空飛ぶソイ・ソーセージとは、存在せず、かつふわふわと軽い何かである。そんなふうに細く長く続けていけたらいいですね。

2017年5月22日(月)

起床。子ども時代への逆流は信号待ちで途絶えおはようございます。ナポリタンのポークビッツまみれまみれ。いい風、とつぶやく、彼女は今年で御年75歳、洗濯ものをしまいその後買って来た肉魚豆腐もやしの類を冷蔵庫にしまいかつしまったことを忘れてしまう…

2017年5月21日(日)

朝三時労働取りあえずの最終電車に飛び乗る贅沢、舌打ちされる贅沢。人混み。皆何を求めているのか。クーラーを。それだけ暑かった専門店、のテーブルをどかしてみると意外に広い。うずたかく積まれたバッグ、缶、ファイル、本、ネックレス、トートバッグな…

そば

おとこもすなるにきといふもの、おんなもまたとききしよりはやいくとせ、われもわれもとおもいこそつのれど、やるかたなきおもいのたけ、すくすくといたずらにのびるばかりにて、そをいかにふみにつくりかたちにかなさんと、おもひわずらふうちにひはながれ…

雑な筆跡の話(2) 銅賞、夏休み、海藻

何とかしたい。そう、何とかしなきゃって、いつも思うんですけれども、しかしよく考えてみればこの書体、下手をすれば小学生の頃より全く変わっていない。要するに汚い、というより幼い、がきっぽい筆致なわけです。たまに、失くした本を探して部屋に荷解き…

雑な筆跡の話(1) 糸みみず文字

昔から書かないとなかなかものを覚えられなくて困ってしまいます。だから結構、メモなりノートなりに色々と書き付けることが多いわけです。しかしここに残念なことが一つあって、何かといえば字が汚い。特に空中で、手の平一枚を下敷きにして書かねばならな…

案ずるより産むが安しな話(2) 人間桶、ブスとナルキッソス

しかしそもそも失敗を気にするような方がたは、そんな気楽な気分でいられる人間ではない。心配と言うものは穴の空いた桶のようなもので、これはどうにも何かが勝手に漏れていくものらしい。隙間を一つ塞いでもまた別の箇所よりこぼれでる、いくつ抑えても垂…

案ずるより産むが安しな話(1) 美顔器とスキー

「案ずるより産むが安し」っていい言葉ですね。本当に、何事も実際にやってみなけりゃそれがどうなるかはちっとも分かりません。またやってみて初めて気づくこと、起ることだって色々あります。そういった、予想だにしていなかったトラブルを一つ一つ解決し…

本との別れの話

思うがままに本を選べまた買えたらいいのに、と思う、つくづく、ほとほと。特に休日の午後早くに訪れた大型書店でテンションの上がるにまかせてあれやこれや、経済学の新書から自宅でできる簡単おつまみ、1000ページ越えのボヴァリー夫人論に笑いつつ、ポー…

健康食品の話

何事も中間・中道を採るのが一番良いようで、これ大好きこれさえあれば大丈夫他のものなぞ何にもいらないって、熱を上げるのは、そりゃ望ましいことかもしれませんがね、そうした熱は案外に冷めやすいもので、また願ったことが実際に叶った途端に文字通り幻…

口すさびに歌う歌の話

歌は歌うものなのか聞くものなのか、いや両方でしょ、とおっしゃる。それがどうやら正解なんでしょうけれども、でもたあだ聞くだけの機会に比べて歌う機会のほうはぐんと少ないと思いませんか、特に最近。いやァ、歌歌うんだったら別にどこでだってできるだ…

地球温暖化と平五郎の話

最近「この季節らしからぬ」天気が多くありませんか。まだ一月なのに気温が二十度近くにまで上がるからダウンコートなんか着てられっかって脱いじゃう、人によってはセーターもいるかって半袖になると案外に風は冷たく日陰は特に肌寒いから、身体が冷えちゃ…

あんどーなっつの話

あんどーなっつって甘すぎませんか。要はあれってバター・小麦粉・砂糖を混ぜた生地で餡子を包んで油で揚げて、そのうえ更に粉砂糖をぱらりとまぶしたお菓子なわけで、もちろんバリエーションは色々あって、例えば中身は小倉やうぐいす、隠元豆に薩摩芋、南…

通勤ラッシュと聖人の話

満員電車って不思議な空間ですよね。特に毎朝七時から九時頃までの通勤ラッシュとき たら、ランドセルのガキからツイードジャケットの爺さんまで、老若男女多彩な赤の他人たち にぎゅうぎゅうに揉まれつつでも決して、決して話してはならない、ましてわめく…

若者の〇〇離れの話

最近の若者ときたら、政治から離れ車から離れ酒から離れているそうですね。しかしなが らそもそも人は、何かといってずんずん、離れ離れて生きてゆくのではないでしょうか。ま ずは乳離れ、次いで親離れして学校へ、そこで出会った教師友人と離別して、独り…

ウィリアム・モリスと循環の話

輸入雑貨のお店に行って、珍しい品物をあれこれ眺めるのは、金がなくとも楽しいもので す。と言っても陶器とかハンカチとかネックレスとか、おっ洒落ェなものに関する知識が、当 然乏しいものですから、ふふふんふんと分かったふうを装って、マグカップの取…

リンゴをかじる話

リンゴを丸ごとかじる食べ方に憧れている、それもつやっつやで大振りのやつを、ブリュ ーゲルの絵ン中で踊る農夫が着ている白いたっぷりした服の袖で磨いたり拭ったりなんかしち ゃって皮もろとも、洗わないままかぶりつきたい、がぶり寄りたいステップ踏ん…