空飛ぶソイ・ソーセージの全て

日々の記録をぐずぐずにしたうえで一本、腸詰に仕上げたソイ・ソーセージが空を飛ぶわけがない、中身なんてないから。

若者の〇〇離れの話

 近の若者ときたら、政治から離れ車から離れ酒から離れているそうですね。しかしなが

らそもそも人は、何かといってずんずん、離れ離れて生きてゆくのではないでしょうか。ま

ずは乳離れ、次いで親離れして学校へ、そこで出会った教師友人と離別して、独り立ちすれば

巣離れで、生まれ故郷より離れた街での一人暮らし、には慣れたものの、年の離れた上司との

、ことあるごとの衝突に疲れ、現実より離れたいとの一心で、ここは一発テニスでもと、昔

取った杵柄に、べったり没入してみたものの、ブランクはどうしようもなくて、現役より離れ

ていたつけが祟って、案の定肉離れ、しかしその治療のために通い始めた整形外科の先生に、

一目惚れしてからは一念発起、急にめきめきと実力をつけて、出た大会ではプロをも破る素人

離れの大活躍、の勢いそのままプロポーズ、の絶好調をしり目にして、ダダ下がりだった営業

成績をとうとう見限り離職、その後は夫婦二人で共著して出した、セクシャル・ストレッチの

教本(DVD付き)が売れに売れ、それを元手に起業した、プロテインやスポーツ雑貨の輸入代

理店も軌道に乗れば、金離れもよくなって、浮世離れした生活を送れるようにはなった一方、

二人の心はしだいしだいに離れて別居、とうとう離婚してからは、会社も親権も相手に譲って

、自分はと言えば人里離れた離島で一人、土いじりしつつその日を暮らし、徐々に募る道心は

、毎朝の読経に厭離穢土を欣求せしめ、そうしてある二月の朝、苗床にしていたビニールハウ

スで、倒れているのが見つかった、死後三日は経っていた、とのこと。喪主は離縁したパート

ナーが務めたが、どうして住所が分かったのかといえば、毎年二度、盆と正月に米や野菜、芋

の類を段ボール二個分、故人は贈っていたからであった。享年六三歳。