空飛ぶソイ・ソーセージの全て

日々の記録をぐずぐずにしたうえで一本、腸詰に仕上げたソイ・ソーセージが空を飛ぶわけがない、中身なんてないから。

2017年6月17日(土)


 世寺半季署烏執筆外走出勤。自転車でー僕らは走るのさ朝のひんやりな空気の中をガーターをピンを。夜通しボウリングなぞをして何が楽しいのかって楽しいきっと。でもそれはボウリングが好き楽しいってわけじゃなくて(ガチでボウリングるなら休日の朝一とかベストコンディションで人もまばら焼肉のたれみたいな万全の態勢で投げ、投げたあと足をくいっとすることに全身全霊を注ぐでしょう)、何かしら何でもいいとにかく打ち興ずることのできる輩とのららら、こそがいいんでしょうよ。
 午前中光雲を片付ける。いい天気。午後より外回り当てもなくぶらぶらと。プラプラと。会話っていうものは二人でするのが一番楽でだから奇数グループではにーにーでペアができてしまって話し相手を変えるとしてもペア間のパイプを利用してのことだから一人咳をしても私。ノープランの先生・上司、の手前自身の意見を陳情することも出来ずただしろくな成果も上がらずただ、ただ時折くる自転車危ないですよ、走り抜ける車を右に感じつつ坂、上ったり下ったり、目的を探すべく気を遣いつつ。うんちく駄洒落下ネタひきつった笑い末期。パイプオルガンの音色でえこの木からは赤い実が。小祠といえば日和下駄。お師匠さん宅前の地蔵。中華料理屋の観音像。わりと新しい仏像たち記念碑たちは茂みの中へ。
 解散総選挙総決算総ざらいして帰宅。夕食に間に合ったやったぜ焼きそばポトフなどなど。ここでもまたお稲荷さん腹持ちもちろん。足棒ぽっきりいって沈下。