空飛ぶソイ・ソーセージの全て

日々の記録をぐずぐずにしたうえで一本、腸詰に仕上げたソイ・ソーセージが空を飛ぶわけがない、中身なんてないから。

2017年6月18日(日)

 

 産児起床執筆外走温糖塊出勤。

 曾てない新しい店舗だから未だ勝手も解らないこともあろうがってんでいやあ人が来る来るわそれに店内狭くって身の置き場所がない困った時こそできることを。
 昼飯を食わずに銅像拝観に。観光客とセットでね。レストハウス発見チラシゲット。やはりすべてのモニュメントがすべからく尊崇されているわけではないのだ烏の糞白く。
 四時まで意識朦朧と喉干りアがってえらいこっちゃえらいこっちゃ、自分一個の大変さと店全体の大変さとは一見一致しているようでいて実はそんなことは無く、ときに前者は後者を昂進させる原因でさえあり得るのだ。歯磨き粉。
 閉店後徒労。数字が合わない。誰が悪いというわけでもなく皆々が自らの仕事をこなさなくてはならないにもかかわらず進行しないのはどうしてどうしてって突きつめて考えられるほど頭すっきりしていないのに終わらない雑務の量はきっと非人間的なのかもねだけどだからこそ誰も責めることができない時間だけが過ぎ行く八時九時警備員さん申し訳ない。明かりが煌々と額の脂汗てかてか。
 帰宅飯食えば腹が鳴るなりもう十時って、食えば食ったなりに喰えかつ落ち着く。人間なんてもんは六時間も食わんとやっていられない一方深刻な大問題だーっつってロー入っても食えば案外に何でもなかったりするそんなもんな生き物なんや。変換の奔放さ何とかしいや。
 チーズドライフルーツパン就寝。