空飛ぶソイ・ソーセージの全て

日々の記録をぐずぐずにしたうえで一本、腸詰に仕上げたソイ・ソーセージが空を飛ぶわけがない、中身なんてないから。

2017年6月25日(日)


 四時起床書き物外走り。油揚げわかめの味噌汁って好きよ豆腐と葱の、またはけんちん汁などと同じくらい。
 出勤、雨湿気、車中結露尻、蒸れて結構けつ痒く。店舗三人しかいなくってあわわ、あたくし慌ただしいと泡食ってあわあわ。電話取って戸惑笑われる、ね耳詰まりつまり、人来っけど買わんサンデーまあ悲しい。何がって、うん味噌にされたことがーじゃなくて味噌にするような苛立ちを押えずにだらしなく味噌にぶちまけて向けられたことに、我慢のなさに幼さに、だろうかでも、未熟として解し済まそうとしているあたくしもまたまだまだなのかそれともって堂々巡りに入るパターンにカッコーン入ってはい、とにかく現時点での相手の年齢と自分が同じ年齢だったあのころの私の気持ち告げ口からだ等々を思い出してみ、みみみみみみみみ赤面。

 通気取ってペダンティックにペダル立ちこぎしてコケるけどコケにはされたくなかったの、あの頃の俺は、世間すべてが脱線していてダルダルなように思われていたのだじれったくて、まるで理由も告げずに遅延した電車を五分十分十五分と待ちぼうけして漸く来たと思ったら何の弁解も無く発車せず更に二〇分二五分三〇分とじりじりし、ているようなメンタリティーで日々を過ごしていたわちゃんは堪らないのでしたわ。んで今はと問われれれば茶碗、洗うのって大事かなってそういうの、誰かがやんなきゃね。

 皆で協力早く終わって帰宅よかったよかったね。紫蘇、人参のてんぷら食って旨くっておよよ、何でも許しちゃうよってからにからにたまにだからねたまにはねでもね、ぼくの頭ン中どうも、モグラかなんかが土壌置き場にしているようで特にアルゼンチンからの流れモグラども節操なくぼくの脳を泥まみれにするものだから、もうもーう無理、切り上げっちゃて寝ちゃわ沈降ずぶずぶ。