空飛ぶソイ・ソーセージの全て

日々の記録をぐずぐずにしたうえで一本、腸詰に仕上げたソイ・ソーセージが空を飛ぶわけがない、中身なんてないから。

2017年6月28日(水)


 五時起床書きもの外走り出勤、するのに時間ないって時間はある、ただ余裕がないってだけってじゃあ何故、余裕がないのかっていえばそれは狭いから何が心が、度量が、間口が。別にオラァ遅れたっていいよ仕事行かなくっていいよなどと殿と殿に構えていられればそりゃこんな気苦労もしませんぜでもんなわけにもいかんでしょって朝、てってってっといい加減うざったいほど小走りな私ってほんと小物、の類をよく忘れるのだ電子辞書とかパスカードとかは致命的だぜベイベー。
 相変わらずの整理、湿気が多いとほんと痒くって特に耳たぶのあたりがってあっ蚊に食われてやがるだからなんでわざわざこんな血ぃあんまなさそなとこ重点的に攻撃してくっかなあそりゃね、そりゃあ俺だって黙って血液吸われたらあんまいい気はしないけれどもさ、でも一言言ってくれればこちらとしても邪険に扱おうってんじゃあなく、そうお構いも出来ませんけれども心ばかりのおもてなしをし申し上げて恥をかかさせていただきますてんで、ふんだんに血の方、用意しましたものを何、吸うときゃ人の目ェ盗むみたいにこそっと吸いやがってからににもかかわらずこっちが寝るとなると今度はぷーん、ぷーん、ぷーんとじゃかましいんじゃ耳元で飛び回って堂々と、厚顔無恥さえ貫く針で湯上りの柔肌をいじめるものだからあああ痒くって眠れず眠いなってもう朝、またしても遅刻なのである。
 複写終わらず残業とはねノーザンギョーデー、三日坊主もいかず挫折。まいいさねってカレー食いつつ納豆粘りのある外交に根負けに負けてふて寝す。